わが家が毎年必ず買う福袋なんです

お正月を迎えて初売りでは様々な福袋が販売されます。初売り当日に販売されるものもありますが、事前に予約をして購入できるもの、抽選の結果によって購入ができるか否か色々な形態のもがあります。わが家はというと、毎年恒例とも言えるドーナツ屋さんやアイス屋さんの福袋、ワタシが愛用している化粧品ブランドの福袋、ファッションブランドの福袋も購入します。主人は、誰かとカぶることもあり得ると洋服の福袋を購入することはなく、セールで気に入った商品を購入します。

ただ、毎年、カー用品を扱っているショップの福袋を楽しみにしているようで、昨年はカーグッズとカー香水の福袋、今年はドライブレコーダーを購入しました。相次ぐ事故や極端な割り込みなどもあるからか、相当な人気の福袋だったようです。取り付ける作業は待ち時間も含めて2時間以上となりました。初売りも終わり、冬アイテムの最終処分セールが行われていますが、お正月に使い過ぎたということもあり財布のひもはかなりきつくなっています。お店では春のファッションや入学用品などが展開されてきています。まだまだ寒い日が続いてはいますが、来年も元気に初売りに行くことができるように、日々頑張ろうと決意するのでした。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | わが家が毎年必ず買う福袋なんです はコメントを受け付けていません。

最近の天候について

今年、というか最近の日本の気候はなんだかとっても変だ。
具体的にいうと、今年なんかは土砂降りの降り方がおかしいです。
なんだか、東南アジアに来てしまったような天気だ、夜更けも蒸し暑くて室温の除湿なしでは寝入る事ができません。
出がけに土砂降りの恐れを知って、傘を持っていったところで傘が何の役にも立たないほどのスコールに何度も襲われた。
近頃だと雷がすごい。都内に住んでいてこんなにも稲妻を聞いた夏は無かったように思います。
一月で土砂降りの太陽が20太陽を超える月々も珍しくないらしい。
これはもう日本は温暖湿潤天気から熱帯雨林天気に変更した方がいいのではないだろうか?
ただ、これは感傷による物品かもしれないが、昔の夏はもっともっと暑かった気がする。
昔の冬季はもっともっと寒かった気がする。
夏場の太陽は底抜けに眩しくて、冬の午前は自分の息吹が掴めるんじゃないかとおもうくらいに強烈に白かったキャリアがある。
そういう機会気分が日本の天気から失われていってしまうのはやはり苦しい事だと思う。
自分は過ごしやすい、春や秋がフェチだけれど、そう言った機会の真中のシームレスな手配が全然感じられなくなっている。
これは天気が変わってしまったのだろうか、自分があまりにも大人になってしまったんだろうか。
都内の夏は今日も暴力チック且つ人工に暑いです。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 最近の天候について はコメントを受け付けていません。

午後のティータイムに年末のお掃除計画

こんにちわ。

本日は天気がいいので気分もルンルンです。

午前中に家事をこなして昼食は焼きそばを食べました。

麺類大好きで、しかも簡単なのでよく作ります。

愛猫も日向ぼっこをして気持ち良さそう。

のんびりごろにゃんです。

午後やっとゆっくりできる時間ができたので、先日ご近所さんにお借りした韓国ドラマのDVDを見始めました。

他に見たい映画があったので後回しになってしまっていたのですが、これがとっても素敵で続きが気になってしまい、次から次へともう止まりません。

韓国の俳優さんも女優さんも背が高くてスリム。

見ているだけでさらにテンションが上がります。

お気に入りの有機コーヒーと、お取り寄せのチーズケーキでブレイクしながらゆっくりと至福の時です。

こんな素敵な恋がしてみたいと、思わず夢見てしまいます。

さて、これに刺激されて、本日の夜はキムチ鍋にでもしようかと思い立ちました。

寒い日が続いているので温かいお鍋で体を暖めようと思います。

年末が近づいてきて街は落ち着きませんがそろそろ大掃除の準備をしようかと計画中です。

いつもは手の届かない台所の換気扇回りは絶対にやらないといけないかな。

お掃除グッズも取り揃えて行きたいので早めに買い出しに行こうと思います。

ではまたね。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 午後のティータイムに年末のお掃除計画 はコメントを受け付けていません。

「あたしとクリーニングの仕事、そして動く後押し」

僕は3月2一年中から、とある最大手の清掃員として行ない始めました。採用状況はコンポーネントですが、工房中は大きく迷子になってしまいそうです。
それでも清掃店先のプロ清掃員がとてもやさしく、大きい胸で受け入れてくれました。
僕は清掃の会社が初めてで、何も分からない現状でした。「あせらなくて、いいんだよ」、「誰でも最初から適う個々はいないんだから」、「最初からできちゃったら、報じる個々がいらなく患うだ?」、「もう少しだから、がんばりましょうね」なんて声かけをしてもらうことができたり、会社が終わったときのおパスを3日間していただきました。
なかなかアマチュアちゃんの指南に、ここまで行える店先はないのではないかと思うのです。
それは、僕がこういう清掃店先に面接に行った時にも感じたことでした。僕は201年間に乳がんのオペを通じていて、現在も通院中であることを面接時に担当の方法に伝えました。
そしたら、「きちんと管理されていれば、大丈夫ですよ。ある程度の世代として、誰でも何かしらの疾病はありますから」と言っていただきました。
「大きな疾病を先人を受け入れる」は、簡単な結果はないと思いますが、生業を頑張って続けたいとしていらっしゃる。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 「あたしとクリーニングの仕事、そして動く後押し」 はコメントを受け付けていません。

珈琲を入れる、駅前のスーパーの隣の珈琲焙煎の店にいってきた

昨日、会社からの帰りにふと珈琲のかおりが漂ってきて、あれ?こんなところに珈琲ショップができたのかと思って見ると、駅前のスーパーの横のマンションの1階に、珈琲の焙煎の豆を売る店が出来ていました。

ちょうど、珈琲の豆を炒っているところで、とてもよい香りだったので、よってみました。

「いらっしゃいませ」

珈琲の豆何種類かあって、頼むとその場で挽いてくれます。私は何種類か珈琲の豆をみていました。

すると奥さんが

「おひとつどうぞ、今日の朝作った珈琲で、いま、豆がさめたところです」といって一杯だしてきてくれたので、それをいただきました。

この店で売ってる珈琲のまめは「フェアトレード」といって珈琲農園での非人道的な農作業とかがおこなわれていない農場でととれた豆を使ってるそうです、値段はたかいですけど、そのほうが働いている人も熱心に、真面目に作業するので、美味しい珈琲が出来るそうです。

私はそれをペーパーフィルター用に200gほど買って、家に帰って呑んでみました。

確かに、香りがいままでのと少し違って、なにかはっきりした香りになっています、そして珈琲を入れたあとの豆も、何かいい香りがのこっていて、感じもよいですね。

これからこの珈琲に夢中になりそうです

カテゴリー: 出来事 | タグ: , | 珈琲を入れる、駅前のスーパーの隣の珈琲焙煎の店にいってきた はコメントを受け付けていません。

先日食べに行った中華料理屋さん最高

先日、学校の帰りに同じ学校の睦まじい友人4人で学校の周辺にある中華料理屋さんをめぐってきました。その中華料理屋さんは、その店の近所では誰もが知っているような有名中華料理屋さんらしいです。
店の場所は、『ここがお店なの?!』というほど、分かりにくい場所にその店はありました。ただし、その周辺には美味い香りが漂っていました。その旨い香りに誘われて人が群がるのかなと感じました。
店内に入ると漫画などもたくさん揃っていて思い出深い感じを憶えました。席は座敷とカウンターの2種類がありました。私たちは座敷に座りました。座敷に腰掛けると笑顔がとても美しいおばあちゃんが水を出してくれて何だか癒されました。そうしてメニューを見るとたくさんの中華のメニューがありました。その店のメニューは特にラーメンが多かったのですが、私はラーメンをあまり嫌いのでご飯系のメニューにしました。悩みに悩んだ末、私は中華丼をたのみ、友人らは全員ラーメンを頼んでいました。中華丼は、野菜やキクラゲなどたくさんの具材が入っていてとても美味しかっただ。その店に行った日がとても寒い日だったので出来立てのトロトロの中華丼は私の身体を温めてくれ、味もとても美味いので夢中になって食べてしまいました。今まで食べた中華丼の中で一番美味しかっただ。料理を食べてその店の周辺の近所で誰もが知ってる中華料理屋さんであるという理由が分かったような気がしました。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 先日食べに行った中華料理屋さん最高 はコメントを受け付けていません。

男の子と女の子ではやっぱり扱いが変わってしまう

我が家は長男が4歳、妹が1歳9ヶ月の2人兄妹なのですが、最初は、息子でも娘でもどちらも平等に可愛がれると思っていたのですが、母親ならではなのかもしれませんが、どうしても扱いが変わって来てしまっています。

長男ももちろん可愛くて可愛いベビー服とか色々着せたりしましたが、やはり、ベビー服も男の子のラインナップが少なくて、限界がありました。そのせいもあり、女の子が生まれてからは、ここぞとばかりに色々な可愛らしいベビー服を買って、まるで、着せ替え人形のように扱っています。

昨日も寒くなってきたので、もこもこ素材のパジャマを2人に買ってあげようと、しまむらに行ったのですが、息子は値段重視なのに、娘はデザイン重視になっていました。ハート柄で、フードにクマさんみたいな耳のついたデザインで、すぐ着れなくなるとはわかりつつもちょっと値は張りましたが買ってしまいました。でも、その夜着せてみたらめちゃくちゃ可愛くて親馬鹿と思われるでしょうが、本当にお人形みたいでキュン死にしそうでした。

子供の頃に可愛がっていたミルク飲み人形を彷彿とさせる姿になんだかにやにやが止まらず、やっぱり女の子産んでよかった、と思いました。これからももっとたくさんいろんな可愛いお洋服を着せて、第二のお人形遊びのように楽しんで子育てしていきたいです。

もちろん、息子君もかっこよくしてあげたいと思います。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 男の子と女の子ではやっぱり扱いが変わってしまう はコメントを受け付けていません。

高校受験について

今年の高校入試は出題傾向が今までと変わるそうです。28年度から東京都のほうでは始まっているらしいですが福岡県は今年からなのだそうです。

今までは設問に選択肢から選んで答えるものが多かったけど、今年からは記述問題の出題数が大幅に増えるようです。中学生の娘とその友達にそれについて聞いてみたところ「なぜよりによって私たちの年なんだ!?」と不満気でした。

中学校の社会の先生は「君たちは何も悪くないんだけどね・・・」と言っていたそうです。私もまさか自分の娘の受験の年がそんなことになるとは思いもしませんでした。社会の先生は年号を覚えるのは機械の得意技だからテストに出さないと言っていたそうですが、娘は「めちゃくちゃでとるやん!出さんっていったのに!」と大変ご立腹のようすでした。

ついでに娘は数学の問題について面白いことを言っていました。関数の問題で点Pの移動時間を求めるというものがあるのですが、娘曰く「点P動くな!!」とのことです。これについての替え歌もあるようです。

多少心配ではありますが娘もこんな調子で勉強を楽しむことは出来ているようですし、何よりも彼女は几帳面で努力家なのできっと乗り越えられると信じています。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , | 高校受験について はコメントを受け付けていません。

子どもにとっての早期教育のメリットを知ろう

中学受験というのは子どもだけでなく親も何かと大変です。勉強するのは子供ですが、子供の精神的負担になるようなことを省かなければいけないので何かと気も使うでしょう。そして、子供の能力にあった学校を選ぶことも大切です。ほんの少し学力を伸ばせば希望校に届くようであれば、なんとか成績を良くする方法を探してみることもとても大事です。能力を伸ばすコツを考えてみるといいでしょう。習い事がたくさんあるように、中学生が通う中学校も選択がいろいろあります。普通に公立に通う子もいれば、私立の受験が必要な学校に通う子もいるでしょう。

中学受験を目指している人の中には、幼稚園、小学校といった幼いころからから受験を経験しているような人もいます。小さいころから受験についての意識を高めたり、教育しておく事は将来を左右する可能性もあるのでとても大切です。2歳~5歳児向けの幼稚園受験対策家庭用DVD教材などは長い目で見ると中学受験対策にとってもいい教材になっているので利用する人も多いものです。少子化の現代では子供が生まれたらなるべく早くに早期教育をしたいと思っている親御さんも多いのではないでしょうか。早期教育しないと、有名幼稚園・小学校、はたまた私立中学には入学できないという考えの人もいるかと思います。早期教育については色々な意見があるとは思いますが、小さい時からの英才教育は勉強をする癖もついて決してマイナスにはならないかと思います。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 子どもにとっての早期教育のメリットを知ろう はコメントを受け付けていません。

寝る前に彼氏に本の読み聞かせ・・・ありだと思います。

ネットのいろいろな記事を何気なく読んでいたら、「男をダメにした女の過剰奉仕」という記事を見つけました。

読んでみると彼氏の代わりにLINEを代筆したり、結婚費用をすべて女性側が負担したりと「何だこれ」というような事例ばかり並んでいましたが、その中に「毎晩彼氏に本を読み聞かせる」というものがあって、思わず笑ってしまいました。

小さな子供が、寝る前にお母さんに本を読み聞かせるような感じを再現したいとこの彼氏は思ったのでしょうか・・・。

私なら、相手にのんびり時間をかけて本を音読してもらうより、さっさと自分の好きなペースで読み進めた方がストレスにならないと考えるところですが、この彼氏は彼女に甘えたい気持ちもあって読み聞かせをお願いしたのでしょう。

幸い読書家の女性だったため、快く引き受けたそうですが、一冊読み終わるのに半年もかかってしまったそうです。

黙読ではなく、音読はそれなりに時間もかかるため仕方がないと思いますが、この女性も好きな本を自分の好きなペースで読みたかったろうになあ、と思いました。

しかしそれにしても、他二つの事例よりはよほど微笑ましい印象ですし、寝る前のコミュニケーションにもなるし、彼女の気持ちが許す限り続けてあげてもいいんじゃないかなと思いました。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 寝る前に彼氏に本の読み聞かせ・・・ありだと思います。 はコメントを受け付けていません。