男の子と女の子ではやっぱり扱いが変わってしまう

我が家は長男が4歳、妹が1歳9ヶ月の2人兄妹なのですが、最初は、息子でも娘でもどちらも平等に可愛がれると思っていたのですが、母親ならではなのかもしれませんが、どうしても扱いが変わって来てしまっています。

長男ももちろん可愛くて可愛いベビー服とか色々着せたりしましたが、やはり、ベビー服も男の子のラインナップが少なくて、限界がありました。そのせいもあり、女の子が生まれてからは、ここぞとばかりに色々な可愛らしいベビー服を買って、まるで、着せ替え人形のように扱っています。

昨日も寒くなってきたので、もこもこ素材のパジャマを2人に買ってあげようと、しまむらに行ったのですが、息子は値段重視なのに、娘はデザイン重視になっていました。ハート柄で、フードにクマさんみたいな耳のついたデザインで、すぐ着れなくなるとはわかりつつもちょっと値は張りましたが買ってしまいました。でも、その夜着せてみたらめちゃくちゃ可愛くて親馬鹿と思われるでしょうが、本当にお人形みたいでキュン死にしそうでした。

子供の頃に可愛がっていたミルク飲み人形を彷彿とさせる姿になんだかにやにやが止まらず、やっぱり女の子産んでよかった、と思いました。これからももっとたくさんいろんな可愛いお洋服を着せて、第二のお人形遊びのように楽しんで子育てしていきたいです。

もちろん、息子君もかっこよくしてあげたいと思います。

カテゴリー: 出来事 タグ: , , パーマリンク