珈琲を入れる、駅前のスーパーの隣の珈琲焙煎の店にいってきた

昨日、会社からの帰りにふと珈琲のかおりが漂ってきて、あれ?こんなところに珈琲ショップができたのかと思って見ると、駅前のスーパーの横のマンションの1階に、珈琲の焙煎の豆を売る店が出来ていました。

ちょうど、珈琲の豆を炒っているところで、とてもよい香りだったので、よってみました。

「いらっしゃいませ」

珈琲の豆何種類かあって、頼むとその場で挽いてくれます。私は何種類か珈琲の豆をみていました。

すると奥さんが

「おひとつどうぞ、今日の朝作った珈琲で、いま、豆がさめたところです」といって一杯だしてきてくれたので、それをいただきました。

この店で売ってる珈琲のまめは「フェアトレード」といって珈琲農園での非人道的な農作業とかがおこなわれていない農場でととれた豆を使ってるそうです、値段はたかいですけど、そのほうが働いている人も熱心に、真面目に作業するので、美味しい珈琲が出来るそうです。

私はそれをペーパーフィルター用に200gほど買って、家に帰って呑んでみました。

確かに、香りがいままでのと少し違って、なにかはっきりした香りになっています、そして珈琲を入れたあとの豆も、何かいい香りがのこっていて、感じもよいですね。

これからこの珈琲に夢中になりそうです

カテゴリー: 出来事 タグ: , パーマリンク